2年に1度の車検を安くあげるための方法

最も費用がかかりますが、完璧な整備をしてくれるディーラー

新車で購入した場合を除き、2年に1回は車検を受ける必要があります。車検の方法には主に3種類あります。1つは車を購入したディーラーに依頼する方法です。この方法はディーラーですので検査を精密に行います。そのため車検に通る以上の整備をしてくれますので安心できます。その代わり交換部品なども多くなるので、費用が高くなります。費用に関係なくマイカーを故障なく快適に運転したい人には、ディーラーが最もおすすめです。

必要最小限の整備で車検を通してくれる整備工場

陸運局に認定された整備工場に持ち込んで車検を受けるという方法もあります。陸運局で認定されているので安心して任せることができます。ディーラーと違って、安い費用で行っている所が多いです。ディーラーはあらゆる部位を点検調整しますが、整備工場の場合は必要最小限の整備をしてくれるので余計な部品の交換などがないので安くできます。整備工場によって値段が違うので、ネットなどで色々と調べてから依頼すると安く上がります。

手続きから持ち込みまですべて自分でやるユーザー車検

最も安くできるのがユーザー車検です。これは車の使用者が自分で陸運局に申し込みをして、自分で所定の検査場で検査ラインを通して車検を取得します。手続きから持ち込みまで全て自分でやるので、ディーラーや業者に依頼する時の手数料が不要になります。国や地方に納付する規定された約7万円の税金と3千円程度の検査料を支払うだけでいいのです。ただし自分で整備をする必要があるので、車のメカニックに詳しい人でないと再検査になる可能性があります。

車を持っている人が避けては通れないのが車検です。車検のためにお金を貯める人も多いのではないでしょうか。手間はかかりますが、必ず受ける必要があるので忘れないようにしましょう。